WEB完結という申込み方法を知っていますか?

キャッシングを利用する時にWEB完結という方法があるのをご存知ですか?内容は知らなくても目にしたことはあるという人も多いのではないでしょうか。

WEB完結で有名なのはモビットです。モビットではネットから申し込みを行う消費者金融ですが、WEB完結というネットだけで契約手続き全てを完了できる申し込み方法を選択することができます。

cut103-1

このWEB完結では、契約時に必要になる身分証明書などの書類の提出は全て写真に撮ったものを送信して行います。後からFAXや郵送で送る必要はありません。スマホから申し込みを行う場合は専用アプリが用意されているので、これを使用するとこの書類の提出も画面の指示に従って撮影するだけで行うことができます。

申し込み時に会社名の入った社会保険証と給与明細票を撮影して提出する必要があります。これらは会社への在籍の証明の為に利用されます。消費者金融の在籍確認は会社に電話を掛けて行うことが多いですが、このWEB完結ではそういった在籍確認は行いません。その為、会社にそのような電話を掛けてこられては困るような人にもおすすめできます。

無題

またこのWEB完結で申し込みを行うには、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のどちらかに口座を持っていることが条件になります。審査を通過した後にそれらの銀行の口座への振込で融資が行われる為です。この2つのどちらかに口座を持っていない場合は利用できないので注意してください。

スマホでキャッシングするメリットと特徴

最近では多くの人がスマホを利用しています。そんなスマホを使うことで、店舗に行かなくてもスマホで簡単にキャッシングが行えます。スマホだけでお金借りることが出来るのは魅力ですが、在籍確認の有無や方法、無利息期間や金利、審査のスピードなどは必ずチェックしておきましょう。

最近の消費者金融はスマホでの申込みや振込みに対応しているところがほとんどで、わざわざ電話をかけたりパソコンを立ち上げて申し込む必要がなくなりました。いつも利用しているスマホを使って申込めるので大変便利です。しかも、急を要するような緊急時には、WEB完結ができる消費者金融であれば、スマホでの申込みが非常にスピーディーに申込みができて便利です。

キャッシングを行う際には、本人確認のために免許証などのチェックは欠かせないですが、即日融資が必要な場合には、コピーを郵送していては間に合いません。そんな時は、スマホで撮った写真を送付すれば簡単に本人確認もする事が出来ます。

cut107-1

画像提供:アイキャッチャー

スマホでの即日融資は、申込みをするだけではなく、審査結果をメールや電話で受けることが可能なのも魅力の一つと言えます。ほとんどの消費者金融で、即日融資があたり前になり、同業者間での競争激化で即日融資をしない事には、新規顧客を獲得することができない状況となっています。そんなサービスの中で必要なのがスマホ対応です。

更に最近では、スマホアプリを用意している消費者金融も増えてきました。そんなアプリの中でも内容が充実しているのがプロミスのアプリです。新規申込みや書類送付はもちろん、クーポンやポイントサービスなども利用することが出来ます。

参考になるサイト:お金を借りる時おすすめ方法【2019最新版】

消費者金融でキャッシングをWeb完結でする時の注意点

今まで消費者金融でキャッシングする時は自動契約機で申し込んでカードを発行してもらうという形が主流でしたが、インターネットの発達とスマートフォンの普及によって消費者金融でキャッシングの申し込みをする時もホームページからWeb完結で出来るようになりました。そのためインターネット環境が整っていればどこにいても申し込めてしまうので店舗や自動契約機に行く必要がなくなりすごく便利になりました。しかしその便利さによって注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認しておく必要があります。

ホームページからWeb完結で申し込みをすると借り入れをする時に振込キャッシングを利用する事が出来ます。振込キャッシングはホームページから融資の依頼をして指定の口座に振り込んでもらうという形なので利用者は指定の口座から借りたお金を引き下ろすだけになってしまいます。そのため自分の口座から預金を引き下ろす感覚になるのでキャッシングをしている事を忘れてしまい借り過ぎてしまう事があります。

消費者金融は金利が高く設定されていて加算される利息も多いので借り過ぎてしまうと借金が膨らんで返済が困難になる可能性もあります。返済が困難になって数ヶ月延滞してしまうと信用情報機関に金融事故として履歴が残ってしまい今後のキャッシングの利用やクレジットカードの作成などが出来なくなってしまいます。そのため消費者金融でキャッシングをしている事を自覚して借り過ぎないように注意しましょう。